DE51V,平成6年 89000Km

ディスク磨耗によりクラッチ滑りのエブリィー。
ミッドシップエンジンの後輪駆動で作業指数も結構高い。

作業要領はリフトアップ後、エキゾーストパイプ外し、後輪メンバーに
付いているロッド、リンク、ショツクアブソーバーを外しメンバーを針金で吊っておく(ロアーアームはそのまま)。
次に左のドライブシャフトを抜きメンバーに針金などで縛っておき、ミッション取り付けボルト、セルモーター、MTマウントを外しミッションを脱着する。ジャッキで下から支えながら左に移動しその後は上から針金で吊った状態にしておき宙吊りしておいた。作業スペースは結構あるのでその状態でディスクカバー。
BGを交換した。右ドライブシャフトインナーブーツがヒビ割れ状態なのでついでに交換。その後は組み付けだが、ドライブシャフト挿入時にはオイルシールを痛めないよう気をつけて作業した。