売約済みの車両で、納車前に燃料をGSに入れに行くと、ゲージ表示が少ないのに満タンでガソリンが入らないとガソリンスタンドの人から言われました。
そんなはずは無いと告げて、ゆっくりと入れてもらうと少しずつ入るようでケージ表示も少し上がってきました。ノズルの先にセンサーが有り、満タン近くなると、吹き返しが出だすので燃料ガンのレバーがストップするようです。
走行も少なく程度の良い車なのでケージが壊れているのも考えにくく、燃料タンクを外し内側からパイプの状態を見てみました。
車が傾斜したり、横転などの事故時に燃料が吹き出すのを防止するため逆流防止のフラップが付いていますが、何かの拍子でパイプの内側にめり込んだ状態になり、パイプを塞いでいるのがわかりました。
多分、ガソリンを抜くためホースなどを無理に入れたためと思われます。
最近の車は、燃料を抜くことは難しくなっています。
危険ですのでこんな作業は控えて貰いたいです。