エヤコンコントロールレバーを操作してもデフロスターの状態のままで固定されていて足元などに切り替えができない。レバーの操作は問題なく、ワイヤーの外れ等はなさそうです。平成29年式、走行は7万キロ、キャビン内は喫煙痕があり少々ヤニがあります。なにか異物が引っかかっているかもしれないのでダッシュホードを外すことにしました。

ハイゼットS500P系からインパネ内、左右に太いパイプがあり作業がやりにくい。配線など絡まっているが上手前に持ち上げてずらし、エヤコンケースを外します。S201系と違いブロアーケースはエヤコンケースと一体になっています。(もちろん冷却水・エヤコンガスを抜きます)

外して見ると切り替えフラップのシャフト(樹脂製)が折れているのが判明。部品を取り寄せ(メーカー欠品)て交換しました。それにしても小さな部品交換ですがかなりの手間がかかりました。原因は喫煙によるヤニの固着のようです。