中温仕様の冷凍車トープレFRP製コンテナで温度が下がると外側表面が剥離してガスが溜り、水膨れ状態になる症状。停止して常温になるとわからなくなる。

修理方法は浮いている個所を切り取り、接着剤で張り直してから新たにパネルを上から貼って完了。文章で書くと簡単ですが、実際はなかなかの作業です。

浮いている個所を切り取り
圧力をかけて接着を強める

FRP製のパネル板ですから綺麗に仕上がりました。