ハイゼット冷凍車低温仕様の2コンプレッサータイプで高速での故障です。長時間連続高速で100km/h以上の冷凍機運転中、突然コンプレッサーが焼き付きを起こしロック、マグネットクラッチ焼損、ヒューズ切れ、Bg異音が発生し冷凍機が入らず冷え不良になりました。修理はコンプレッサー交換しサイクル内の清掃とレシーバータンク・エキパンなどの交換ですが、幸い鉄粉などは見られず修理としては軽く済みそうです。低圧側のアキュームレーター内部にはコンプレッサーオイルがかなり溜まっていましたから低圧側の負圧状態が長く続いたと思われます。

外したコンプレッサーの内部を見ると少しのオイルが残っていましたが高速回転のオイル切れと思われる焼き付きが見られました。

コンプレッサー内部を見ると高速回転には弱い構造とわかりますね・・・